七つ屋志のぶの宝石匣 少女まんが KISS

【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】

投稿日:2020年10月24日 更新日:

おすすめ無料漫画!!(今だけタダ)

祝♡2021年21213巻発売!!

今回は2020年10月24日発売の『KISS』12月号に掲載されている『七つ屋志のぶの宝石匣51を読んであらすじと感想を書きます!
(ネタバレ注意です‼︎)

前回、鷹は店に来ていた和久井の孫を送る振りをして、和久井の家まで辿りつきました。
一方その頃、とうとう来てしまったと動揺する和久井。
そばには母子手帳が・・・。
それでは気になる続きを見てみましょう!




51話を読んで感想とあらすじ

和久井家のインタンホーンを鳴らし、北上顕定の友人だと名乗った鷹。

和久井を呼び出し、正直に話して欲しいと棒を向けました。

翌朝ー
寝起きの志のぶと二日酔いの顕定に説明する和久井w

北上義実に頼まれて晴子の出産(虎徹)を手伝った、と。
元々助産院の仕事をしており、北上義実から”極秘”で友人の加治木晴子さんの出産を手伝って欲しいと言われたようです。
報酬は三倍出す、と。

しかし、出産後ベビー用品を買い出しに街へ車へ向かった後、二人は帰ってこなかったのです。

晴子の荷物は置いたままで、北上に電話してもつながらない。
極秘と言われていたため誰にも相談できず・・・・。

1年後ー
テレビのニュースで北上家の家事と行方不明のニュースを聞いた和久井。
晴子の荷物からはダイヤと母子手帳が出て来ました!

そして、和久井は”この子の父親から逃げている”という言葉を晴子から聞いたことを思い出しました。
あのダイヤは本物だとしか鑑別されない、という言葉も・・・。
怖くなり、警察にも相談せずにいた和久井。

スポンサーリンク

話を整理する鷹。
すると虎徹の父親の名をうっかり見浦銀一と言ってしまいました。

なんで名前を知ってる?と顕定w

志のぶは二人きりになると、顕定に謝罪しました。
まだわからないけど虎徹の父かもしれない、と。

なんでこんな大事なことを黙ってたのかと顕定。

志のぶは言いずらそうに、見浦銀一が乃和のお父さんだったからと説明しました。

言葉を失う顕定。

乃和との関係がおかしくなったら嫌だし・・・と志のぶ。
乃和のこと好きでしょ?と。
そして部屋に戻ろうとしたそのとき、ウッドデッキが腐っていて足がハマってしまいましたw

思わず顕定に抱きついた志のぶ。

そろそろ帰り支度しようねーと鷹。

つづく

 

スポンサーリンク

読み終えて

見浦銀一が全て悪い(かどうかはわからんけどそんな気がする←)
てか乃和のこと好きでしょ?って所、顕定が否定しないのが気になるわw
やっぱり好きなのか?
ちょっと志のぶにヤキモチ焼いたような気もしたけど・・・。

※続きは2020年11月25日発売の『KISS』1月号に掲載予定です。
?me id=1&me adv id=460135&t=pict - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】

祝♡2021年21213巻発売!!

 

 

 

無料で『七つ屋志のぶの宝石匣』を読む!!!

U-NEXTは「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。

U-NEXTで使える600ポイント(600円分)が貰えますので、600円以内の書籍なら実質無料で購入できちゃいます!
つまり無料で思わず顕定に抱きついた志のぶが拝めるのです♡

  1. U-NEXTに新規登録する
  2. U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入
  3. 読む!

気に入れば続ければ良し!
(31日間無料で楽しんで解約も可能)
U-NEXTにユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。BT000029044201301301.jpg?output format=jpg&output quality=70&resize=360:*&letterbox=5:7&bgblur=50,0 - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】

(↑無料で『七つ屋志のぶの宝石匣』を読む

10010004910029931208 1 - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】
(↑『KISS』も読める♡!!!)
※本ページ情報は2020/10 時点のものです。
最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

(↓応援ポチ☆)
www88 31 3 - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】
にほんブログ村

br c 1138 1 - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】
漫画・コミックランキング

 

次のあらすじ
2a615c4c368ba1d331dbc6fda53949f4 300x300 - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】
【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』52話(13巻)【感想】

祝♡2021年2月12日13巻発売!! 七つ屋志のぶの宝石匣(13) 二 ...

続きを見る

『七つ屋志のぶの宝石匣』あらすじ一覧

『七つ屋志のぶの宝石匣』これまでの感想あらすじ一覧

1巻 1話 2話 3話 4話
2巻 5話 6話 7話 8話
3巻 9話 10話 11話 12話
4巻 13話 14話 15話 16話
5巻 17話 18話 19話 20話
6巻 21話 22話 23話 24話
7巻 25話 26話 27話 28話
8巻 29話 30話 31話 32話
9巻 33話 34話 35話 36話
10巻 37話 38話 39話 40話
11巻 41話 42話 43話 44話
12巻 45話 46話 47話 48話
13巻 49話 50話 51話 52話

⇄横にスライドしてチェック

おすすめ無料漫画!!(今だけタダ)

欲しい物リスト

img 6513 300x148 - 【あらすじ】『七つ屋志のぶの宝石匣』51話(13巻)【感想】

金01:25~『呪術廻戦』

驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう。 呪いである“両面宿儺”と肉体を共有することとなった虎杖は、最強の呪術師である五条 悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入することになり…… 呪いを祓うべく呪いとなった少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだす―! ネタバレ一覧はこちら
 

舞台化決定!!『ゆびさきと恋々』

女子大生の雪は、ある日困っているところを同じ大学の逸臣に助けてもらう。 聴覚障がいがあって耳が聞こえない雪にも動じることなく、自然に接してくる逸臣。 自分に新しい世界を感じさせてくれる逸臣のことを雪は次第に意識し始めて…!? ネタバレ一覧はこちら
 

ハルタ連載中『煙と蜜』

花塚姫子12歳、土屋文治30歳。 ふたりの関係は「許婚」だった――。 西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。 華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。 読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化が決まった本作、待ち望まれた第1巻がついに刊行!! ネタバレ一覧はこちら

映画公開!!『鬼滅の刃』

時は大正時代。 炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。 唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ! 血風剣戟冒険譚、開幕!! ネタバレ一覧はこちら

♡4/25 更新 人気の記事

081ceabd7007d5db4e201cb0ce098eef 150x150 - 【あらすじ】『地縛少年花子くん』77話(16巻)【感想】 1

祝♡2021年4月27日に15巻が発売!! 「地縛少年花子くん」15巻特装 ...

2cc4b43ce5ef7dce254885731731aab3 150x150 - 【あらすじ】『煙と蜜』25話(3巻)【感想】 2

2020年7月15日に2巻が発売! 煙と蜜 第二集(2) 長蔵 ヒロコ KAD ...

img 0208 150x150 - 【あらすじ】『来世は他人がいい』23話(6巻)【感想】 3

祝♡2021年5月21日に5巻が発売!! 来世は他人がいい(5) 小඿ ...

682fb6afedc3fcf5b3f10641866d5943 150x150 - 【2021年】愛が重いイケメン男子に胸キュン♡ヤンデレ・束縛男子漫画まとめ 4

愛が重い男子って現実だと犯罪臭がするけれど、なぜだ ...

4b3c82691c8ffc88d32d38af223f46a8 150x150 - 【あらすじ】『ゆびさきと恋々』最新18話(5巻)【感想】 5

祝♡2021年3月12日に4巻が発売! ゆびさきと恋々(4) 森下 suu 講& ...

a3e70fcc248778b286134861a6f2ced6 150x150 - 『北北西に曇と往け』登場人物まとめ 6

祝♡2020年1月14日に4巻が発売! 北北西に曇と往け 4 入江 亜é ...

-七つ屋志のぶの宝石匣, 少女まんが, KISS
-, ,

Copyright© 女子目線で読み解く 最新まんが感想とあらすじ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.